新川電機センサ&CMSブランドサイト

このページを印刷

INDEX

RMS値(Root-Mean-Square Value)
二乗平均値の平方根。 備考: 実効値とも言う。
アイソレーション(Isolation)
機器の入力信号と出力信号とにコモンラインを もたせないこと。絶縁。

INDEXに戻る

位相角、位相(Phase Angle, Phase)
独立変数のある値を基準として測った正弦量の進み角。
位相差(Phase Difference)
振動数が等しい二つの周期量の位相角の差。正弦量の場合には同じ基準値から測った位相角の差。

INDEXに戻る

INDEXに戻る

API規格(API Standard)
America Petroleum Institute(アメリカ石油協会)が定めた規格。
エアーパージ(Air Purge)
外部から清浄な空気を機器内部に供給し、次のような目的に使用される。
(1) 腐食性ガスの機器内部への侵入防止。
(2) 機器内部での温度上昇防止。
(3) 内圧防爆構造の機器など爆発性ガスの侵入 防止。
SN比(S/N)(Signal To Noise Ratio)
(1) 信号振幅に対する雑音振幅の比。
備考:正弦波信号については、ピーク値または、実効値、非正弦波信号については、ピーク値をとる。
(2) 信号パワーの雑音パワーに対する比。
備考:インパルス雑音に対しては、信号と雑音とのピーク値の比を取ることがある。
NO Normally Open
作動時、または通電時に閉となるような接点。
備考:a接点とも言う。
NC Normally Closed
作動時、または通電時に開となるような接点。
備考:b接点とも言う。
FM規格(FM Standard)
Factory Mutual Laboratories の略でアメリカの保険会社の規格。
MTTR(Mean Time To Repair):平均修復時間
修復時間の平均値。
MTBF(Mean Time Between Failures):平均故障間隔
機能単位の寿命内の規定された期間における規定された条件のもとでの隣接した故障と故障との間の時間の平均値。

INDEXに戻る

オープンコレクタ(Open Collector):接点
接点作動側ではコレクタ負荷抵抗を持たないようなトランジスタ接点。
オイルウィップ(Oil-Whip)
十分に潤滑されたジャーナル軸受の油膜の性質のために起こるジャーナルの自励的なふれまわり。
応答時間(Response Time)
ステップ応答において、出力信号が最終値の決められた値に達するまでの時間。一般に最終値90、95、または98%の値が決められるが特に指示がなければ63.2% (時定数)の値をとる。
備考:単に応答時間という場合はステップ応答時間を示す。
温度ドリフト(Temperature Drift)
周囲温度が変化することにより生ずるドリフト。

INDEXに戻る

出典および参考文献
計測用語
JIS Z8103
工業計器性能用語
日本電気計測器工業会
振動工学ハンドブック
養賢堂
電子計測器用語集
日本電気計測器工業会

センサテクノロジ営業統括本部 TEL:03-3263-4411 FAX:03-3262-2171

  • お問い合わせ・資料請求
  • ご提案・お見積り(無料)

カスタマーサポートサービス

  • CMS[回転機械状態監視システム]
  • メールマガジン毎月1回定期配信中
  • 毎月更新技術コラム
  • CMSは、お客様のご要望にフレキシブルにお応えします
  • 3分でわかるCMSのバリュー
  • 資料ダウンロード一覧
  • 用語集
  • 新川電機の製品開発体制

セミナー情報

ページトップへ