新川電機センサ&CMSブランドサイト

このページを印刷

INDEX

外部接点容量(Outside Contact Capacity)
電源を内蔵している機器が外部の接点に電源を供給し、外部の接点により、その機器が動作する場合の外部接点の容量。
外部磁界(External Magnetic Field)
機器設置環境の磁界の強さ(機器が自ら作る磁界ではない)。
確度(Accuracy)
指示値と容認された標準値または理想値との一致性。備考:誤差限界は、定性的な用語(Qualitative Concept)としてのみ用いる。
加速度トランスデューサ(Acceleration Transducer)
加速度ピックアップの同義語。
加速度ピックアップ(Acceleration Pickup)
入力加速度に比例する出力(通常は電気的)を発生する変換器。
過渡応答(Transient Response)
入力(信号)がある定常状態から、他の定常状態に変化したとき、出力(信号)が定常状態に達するまでの応答。
感度(Sensitivity)
リニアレンジの範囲内の変位(ギャップ)に対する出力の統計的平均変化率。すなわち最小自乗平均一次式の傾き(b)を意味する。
感度(b)=ΔY/ΔX [V/mm]
感度誤差(Sensitivity Error)
規定感度(s)に対する実測感度(b)の差を規定感度
(s)の百分率で表したもの。
感度誤差={(b-s)/s}×100[%]

INDEXに戻る

危険速度(Critical Speed)
回転系が共振しているときの回転速度。
基礎(Foundation)
機械系を支える構造体。備考:これは空間に固定されていることもあり、また運動を行うことによって支えている。機械系に励振を与えることもある。
基本固有モード(Fundamental Natural Mode Of Vibration)
最低の固有振動数をもつ振動モード。
Q
振動系の共振の鋭さを表す量。共振振動数において、振動系のエネルギー(機械振動系においては運動エネルギーと位置エネルギーとの和)と、一定振幅を持続するために外部から与えられる1サイクル当りのエネルギーとの比の2π倍で定義する。
共振(Resonance)
強制振動している系において、励振振動数のいずれの方向へのわずかな変化によっても、その応答が減少するときの系の状態または現象。
共振振動数(Resonance Frequency)
共振しているときの振動数。
許容誤差(Allowable Error)
基準をとった値と、それに対して許容される限界値との差。
許容負荷抵抗(Allowable Load Resistance)
性能が保証される範囲で接続できる負荷抵抗。
許容不つりあい(Unbalance Tolerance)
剛性ロータにおいては、ある軸直角面(修正面または測定面)内で許容できる最大値として定められた不つりあいの大きさ。

INDEXに戻る

偶発故障(Random Failure)
初期故障期間を過ぎ磨耗故障期間に至る以前の時期に、偶発的に起こる故障。

INDEXに戻る

経年変化(Secular Change)
長期の時間経過に伴って生じる機器またはその要素の特性の変化。
減衰(Attenuation)
(1) 信号の大きさが減少すること。
(2) 振動の振幅が時間的に減少すること。
減衰固有振動数(Damped Natural Frequency)
減衰をもつ線形系の自由振動の振動数。
減衰比(Damping Ratio)
線形粘性減衰をもつ系の実際の減衰係数の臨界減衰係数に対する比。
備考:減衰比は臨界減衰に対する百分率でも表わされる。

INDEXに戻る

校正(Calibration)
測定、受信あるいは伝送を行う量に関して、一連の既知の値に応じた装置の出力を決定すること。
備考:実際の校正では次のような作業がある。
(1)目盛に目盛線を入れる場所の決定。
(2)出力を、仕様に定める許容差以内で、目標値に一致させる調整。
(3) 装置の出力の読値と標準との比較による誤差の決定。
(4) 校正は通常、独立一致性を仕様に適合させるように行われる。
剛性ロータ(Rigid Rotor)
任意に選ばれた2 面でつりあわせ、最高速以下の任意の速度で、使用時に近い支持条件において回転させても、ロータ変形によって不つりあいが許容値(軸中心線に関して)を超えないようなロータ。
高速つりあわせ(High Speed Balancing)
ロータを剛性とみなすことができない回転速度で行う、つりあわせ操作。
互換性(Interchangeability)
互いに交換できる性質。製品については、寸法上の互換性及び性能上の互換性が採り上げられる。
誤差(Error)
測定値と測定変量の理想値との間の代数差。
故障率(Failure Rate)
ある時点まで動作してきた機器又は装置が引き続く単位期間内に故障を起こす割合。

INDEXに戻る

出典および参考文献
計測用語
JIS Z8103
工業計器性能用語
日本電気計測器工業会
振動工学ハンドブック
養賢堂
電子計測器用語集
日本電気計測器工業会

センサテクノロジ営業統括本部 TEL:03-3263-4411 FAX:03-3262-2171

  • お問い合わせ・資料請求
  • ご提案・お見積り(無料)

カスタマーサポートサービス

  • CMS[回転機械状態監視システム]
  • メールマガジン毎月1回定期配信中
  • 毎月更新技術コラム
  • CMSは、お客様のご要望にフレキシブルにお応えします
  • 3分でわかるCMSのバリュー
  • 資料ダウンロード一覧
  • 用語集
  • 新川電機の製品開発体制

セミナー情報

ページトップへ