新川電機センサ&CMSブランドサイト

このページを印刷

状態監視モニタ

大型タービン発電機保護から汎用回転機監視まで、規模に応じたモニタ・システムをラインアップしました。豊富なオプションも取り揃えていますので、ニーズに合ったシステム構築が可能です。

VM-5シリーズ
[タービン監視用/汎用回転機監視用/低温用(LNG等)]
重要な回転機械の軸振動、軸位置、偏心、温度、回転数等の監視モニタ。8スロットならびに10スロット・ラックマウントタイプと電源内蔵のワンユニット独立タイプのモニタがあり、回転機械の規模に合わせてフレキシブルな対応が可能です。
振動 軸位置 偏心 伸び 伸び差
回転数 位相
基準
弁開度 温度

VM-7シリーズ
[タービン監視用/汎用回転機監視用]
ISO国際規格やAPI米国石油協会規格などに基づいて設計されたモニタ。特にプラントにおいて重要な位置づけを担う回転機械に取り付ける、API St'd 670で詳細に規定された保護監視モニタに最適な機能・特徴を備えています。
振動 軸位置 偏心 伸び 伸び差
回転数 位相
基準
弁開度 温度

VM-21シリーズ
[汎用回転機監視用]
回転機械に取り付けられたトランスデューサからの信号を入力し、絶縁された4~20mADCまたは1~5VDC信号に変換を行う信号変換器です。
振動 軸位置 偏心 伸び 伸び差
回転数 位相
基準
弁開度 温度
× ×

SMS
[オンライン回転機監視装置]
回転機械の異常振動、ガス漏洩、メカニカルシール部分からの油漏れ、温度上昇をオンラインで遠隔集中監視します。
※回転機械の状態監視適用項目について
振動 軸振動(ロータ自体の振動)やケーシングの振動。
軸位置 スラストベアリング近傍におけるロータの軸方向の位置。
偏心 軸の偏り(曲がり具合)。
伸び ケーシングの熱膨張による伸び。
伸び差 ケーシングとロータの相対的な熱膨張差による相互の伸びの差。
回転数 ロータの回転数。
位相基準 1回転あたり1パルスの振動位相角の基準となる信号。
弁開度 蒸気加減弁の開度に応じた値。
温度 軸受部などの温度。

※機種毎に示す監視項目適用表は、回転機械の状態監視、特にタービン監視装置(TSI)における計測・監視項目を示したものです。その他のアプリケーションにおいては、これ以外の計測・監視項目で適用される場合もあります。

センサテクノロジ営業統括本部 TEL:03-3263-4411 FAX:03-3262-2171

  • お問い合わせ・資料請求
  • ご提案・お見積り(無料)

カスタマーサポートサービス

ページトップへ