新川電機センサ&CMSブランドサイト

このページを印刷

振動診断技術セミナー
-ISO18436-2準拠 機械状態監視診断技術者(振動)資格取得講座-

2004年度より、一般社団法人 日本機械学会が、機械の状態監視と診断の技術レベルを国際的に標準化する目的から、「ISO18436-2準拠 機械状態監視診断技術者(振動)」の資格認証制度を開始しました。

この資格を取得するには、振動による機械状態監視・診断技術に関する原理と手順を理解していることを証する教育・訓練および実務経験が必要です。

新川センサテクノロジは、ISO18436-2準拠 機械状態監視診断技術者(振動)資格認証試験の受験資格を習得できる認定訓練機関です。

この資格制度開始に併せて、新川センサテクノロジでは、受験資格取得のための正規訓練機関として認定を受けております。

※当認証制度に関する詳細は、
 日本機械学会ホームページをご覧ください。
 http://www.jsme.or.jp/

当社セミナーのポイント

振動監視の専門メーカーと振動技術のスペシャリストが講師ですので、充実したセミナーを受講することができます。
新川センサテクノロジは、カテゴリーⅠからⅣまでのセミナーを一貫して執り行うことのできる国内唯一の認定訓練機関です。

  • 認証試験に関わる手続きのサポート
  • 充実した演習問題をご用意
  • ISO18436-2準拠 機械状態監視診断技術者(振動)の本試験も同会場(東広島)にて開催
  • 万が一、本試験に不合格の場合、以下のサポートを受けることができます
カテゴリーⅠ・Ⅱ・Ⅲ
2回目以降の同カテゴリー受講費用を免除
※但し飲食代は別途必要となります(1,000円/日)
カテゴリーⅣ
 10,000円/日 で希望日を再受講することが可能

その他、宿泊施設優待やご昼食・飲み物等をご用意しております。
また、各種出張セミナーや分散受講などのご相談を承ります。

助成金制度:中小企業主の方へ朗報です!ISO18436-2準拠 機械状態監視診断技術者(振動)資格取得講座も「キャリア形成促進助成金」の対象となり、厚生労働省より助成金が支給されます。

セミナー情報

第27回 振動診断技術セミナー
-ISO18436-2準拠 機械状態監視診断技術者(振動)資格取得講座-

・開催月
修了試験に合格後、カテゴリーⅠ~Ⅲは6月24日(土)にISO機械状態監視診断技術者(振動)の資格認証試験が広島テクノプラザ(東広島市)で開催されます。
カテゴリーⅣは、11月18日(土)・12月9日(土)に日本機械学会(東京)にて実施されます。
・取得資格
カテゴリーⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳの受験資格
・使用教材(受講者には無料配布)
テキスト カテⅠ~カテⅣ:「ISO基準に基づく 機械設備の状態監視と診断」 (編者:振動技術研究会)
・パンフレット
・Q & A

お問い合わせ先

・新川センサテクノロジ株式会社
事業推進グループ
TEL 082-429-1142(直通) FAX 082-429-0804
〒739-0153  広島県東広島市吉川工業団地4-22
メールアドレス: seminar@sst.shinkawa.co.jp

センサテクノロジ営業統括本部 TEL:03-3263-4411 FAX:03-3262-2171

  • お問い合わせ・資料請求
  • ご提案・お見積り(無料)

カスタマーサポートサービス

ページトップへ