新川電機センサ&CMSブランドサイト

このページを印刷

展示会情報

ものづくりNEXT↑2014『メンテナンス・テクノショー』出展のご案内

新川電機のCMS(回転機械状態監視システム)は、小規模な監視システムから大規模な統合監視解析システムまで、規模に応じた適正なシステムをお客様のご要望にあわせフレキシブルにお応えします。当社ブース内では回転機械の模型(ローターキット)を使用し、実際に異常兆候が現れた際のシステム動作デモンストレーションを行いながら、あらゆる回転機械に対応し安全操業と運転効率向上をサポートする状態監視モニタや振動解析診断システムをご紹介いたします。また、11月13日(木)12:30~13:00に出展者セミナー「振動解析診断システム infiSYS RV-200とポータブル振動解析システム Kenjinのご紹介」を開催します。

メンテナンステクノショー

【出展概要】
主催 公益社団法人 日本プラントメンテナンス協会
一般社団法人 日本能率協会
日時 2014年11月12日(水)~11月14日(金)10:00~17:00
会場 東京ビッグサイト 西1・2ホール(東京国際展示場)
アクセスマップはこちら
ブースNo. 2C-32
出展製品 1. 振動解析診断システム infiSYS RV-200
2. ポータブル振動解析システム Kenjin
3. 大型回転機械状態監視システム VM-7 Series
4. 統合管理プラットフォーム S-STation
5. オンライン回転機監視装置 SMS
6. ワイヤレス振動システム(参考出展)
7. 磁歪式振動速度センサ(参考出展)

『出展製品紹介ページはこちら』
入場登録料 3,000円(消費税込)
招待状持参者、事前登録者、学生、
同時開催催し(一般社団法人日本能率協会主催) 入場者は無料
入場事前登録 来場者事前登録はこちら
ホームページ ものづくりNEXT↑2014『メンテナンス・テクノショー』
【セミナー情報】
テーマ 振動解析診断システム infiSYS RV-200と
ポータブル振動解析システム Kenjinのご紹介
概要 大規模設備から小規模設備まで、様々な回転機械にフレキシブルに対応する振動解析診断システム infiSYS RV-200を紹介します。高速データ収集と豊富な解析グラフの提供、ドラッグ&ドロップ機能やタブ選択機能等のユーザーフレンドリーな操作性と描画機能を備えた infiSYS RV-200で、すべり軸受支持の大型回転機械から転がり軸受支持の小型汎用機械まで、全て一元的に監視、解析、診断することができます。更に振動解析システムの導入されていない設備においても、異常発生時の振動解析やスタートアップ時の振動特性収集に活用できるポータブル振動解析システム Kenjinについて紹介します。 Kenjinは小型軽量でシンプルなシステム構成であり、必要な時に必要な場所に容易に持ち込むことができ、素早くセットアップして、すぐにデータ収集と振動解析を行うことができます。
開催日時 11月13日(木)12:30~13:00
会場 西1ホール内 特設会場
定員 70名
参加費 無料
聴講予約 セミナーのご予約はこちら
※ものづくりNEXT↑2014の来場者事前登録が必要です。
お問い合わせ
新川電機株式会社 
センサテクノロジ営業統括本部 担当:石田
TEL:03-3263-4411 FAX:03-3262-2171

E-mail: st-web@shinkawa.co.jp

センサテクノロジ営業統括本部 TEL:03-3263-4411 FAX:03-3262-2171

  • お問い合わせ・資料請求
  • ご提案・お見積り(無料)

カスタマーサポートサービス

  • CMS[回転機械状態監視システム]
  • メールマガジン毎月1回定期配信中
  • 毎月更新技術コラム
  • CMSは、お客様のご要望にフレキシブルにお応えします
  • 3分でわかるCMSのバリュー
  • 資料ダウンロード一覧
  • 用語集
  • 新川電機の製品開発体制

セミナー情報

ページトップへ