新川電機センサ&CMSブランドサイト

このページを印刷

解析・診断システムについて

各種振動データの解析・診断で、すばやく異常原因を推定。

新川電機のCMSは、異常時のデータを振動値だけではなく、振動波形やスペクトル等の解析データとして保存。すばやく診断プログラムで異常原因を推定します。

高度なデータ解析と使いやすいユーザーフレンドリーな操作性

・infiSYS RV-200
ISO18436-2規格の認証技術者が振動解析で必要とする解析・グラフ描画機能を実現。
回転機械の振動データを位相解析および周波数解析して、振動解析に必要な各種解析グラフとして展開する振動解析診断システムです。
機械の種類や解析したい異常状態に合わせて、振動診断技術者の高度なニーズに応える豊富な解析グラフの展開が可能。ユーザーフレンドリーな操作性と描画機能を持ち、ドラッグ&ドロップによるグラフ表示操作や、タブ選択によるグラフエリアのページ切り替えなど、直感的な操作ができます。


ドラッグ&ドロップによるグラフ表示操作例

解析・診断までの流れ

・大型回転機械
位相基準と軸振動波形を取り込んで、位相解析と周波数解析を行ない、各種の解析グラフとして表示。
・小型回転機械
ケーシングの加速度振動波形を取り込んで、周波数解析をベースに、各種の解析グラフとして表示。

この製品の詳細はこちら

センサテクノロジ営業統括本部 TEL:03-3263-4411 FAX:03-3262-2171

  • お問い合わせ・資料請求
  • ご提案・お見積り(無料)

カスタマーサポートサービス

ページトップへ